ビジネス

生産受託請負の導入は必要に応じてOEMやODMの方法を選択する

事業展開の手立てとなる

顕微鏡

化粧品や電子機器業界では、商品の製造ラインを有してなくても OEMを利用することで事業展開を行なうことができます。自社の特色を活かしたマーケティングプランを組み立て、有効的なビジネスツールとして活用しましょう。

Read More

海外進出の期待値

ビジネスマン

現在ベトナムは経済成長の兆しがあることや、多くの企業の参入によりマーケティング規模が増加傾向にあります。コンサルティングもベトナム進出に向けたサービス展開を行なっており、海外進出への効果が期待されます。

Read More

専門的な知識を要する

化粧品

化粧品の輸入を行なう際は、薬事法などの厳しい規制を厳守しなくてはなりません。專門知識や輸入ラインが充実した化粧品輸入代行を利用することで、正確でスムーズな取引ができるでしょう。

Read More

自社ブランドを開発する

工場

生産受託請負に関する内容には様々な種類に分かれており、事業規模に応じて利用するサービスを選択することで更なる事業展開が見込めることでしょう。生産受託請負は、OEM(Original Equipment Manufacturer)といわれる、商品の製造設備のない業者が既存の商品をメーカーの自社ブランドとして販売するケースが多く、設備投資や人材確保にかかる費用や負担が軽減されることから、OEMを利用する企業が増えています。他社と差別化を図りたい場合や自社のノウハウを製品開発に活かしたい場合はODM(Original Design Manufacturer)を利用することで業務展開の幅が広がります。ODMは既存の製品を利用するOEMと違い、商品を製造する際の企画・製品設計といった商品開発の初期時点から立ち会うことが可能なので、製品設計に関する知識や技術はあるが開発設備がないという企業の方に広く利用されています。生産コストを下げるだけではなく、生産受託請負を利用することで必要な分だけ受注ができ、過剰在庫になることを防ぐにも大きなメリットがあります。生産受託請負に関しては、パソコンのディスプレイや携帯電話などを扱う家電業界で取り入れられているケースが多いのですが、家電以外にも化粧品会社などの様々な業種が参入できる広いマーケティング層になっていることも特徴的です。OEM・ODMを導入する際のサポート業務を行なっているコンサルティング会社も多く、製品開発やパッケージデザインなど様々な分野で専門的な技術が求められるODMの運用も、ノウハウに特化した人材を派遣してもらうことでスムーズに対応することができます。